『神谷武夫とインドの建築』 サイトマップ


BACK

原術へ
   文化の翻訳
   何をプロフェスするのか
   あいまいな日本の建築家

お知らせ
   東大の常識は世間の非常識
   快適私考
   『インド建築案内』 の英語版
   チャンディーガル建築案内
   カイロのヒンドゥ建築
   アイン・ランドの小説 『水源』
   アジアの建築
   岩波書店の『建築学用語辞典』
   平和憲法とテロの脅威
   新国立競技場 とザハ・ハディド

神谷武夫のプロフィール
   日本の語録
   西洋の語録
   東洋の語録
   神谷先生へのインタビュー

神谷武夫の建築作品
   <ライラック・ハウス』
   『横浜の町家』
   『クロイスター』
   『哲学者の家』
   『パラダイス・ガーデン』
   『塩川屋ビル』
   『幸栄ビル』
   『森田ビル』
   『ヒサゴ東京支社』
   『サンスイ保育園』
   『フロム・ファースト・ビル』

神谷武夫の著書・訳書
   『インド建築案内』
   『インド古寺案内』
   『インドの建築』
   『ヒンドゥ教の建築』
   『イスラーム建築』
   『イスラムの建築文化』
   『楽園のデザイン−イスラムの庭園文化』

インド建築入門
   インド建築への誘い
   ヒンドゥ建築
   インドの石
   インド建築における遊び
   末端肥大症の建築
   近代インドの建築
   インドとモダニズムの邂逅
   建築が示すインド世界の面白さ

インドのユネスコ世界遺産
   サーンチーの仏教遺跡
   ボードガヤーのマハーボーディ寺院
   アジャンターの石窟寺院群
   エローラーの石窟寺院群
   エローラーの第16窟カイラーサ寺院
   エレファンタ島の石窟寺院
   マハーバリプラムの建築と彫刻群
   パッタダカルの寺院群
   チョーラ朝の大寺院(タミル地方)
   タンジャーヴールのブリハディーシュワラ寺院
   カジュラーホの寺院群
   コナーラクのスーリヤ寺院
   パータンの 王妃の階段井戸
   ハンピの都市遺跡
   デリーの最初のモスクとクトゥブ・ミナール
   チャンパーネルの都市とその建築
   デリーのフマユーン廟
   アーグラ城
   ファテプル・シークリーの都
   デリー城(レッド・フォート)
   アーグラのタージ・マハル廟
   ラージプートの丘陵城塞
   ゴアの聖堂と修道院
   ムンバイのチャトラパティ・シヴァージー駅舎

ジャイナ教の建築
   第1章 アーブ山のデルワーラ寺院群
   第2章 エローラーの石窟寺院群
   第3章 北インドのジャイナ建築
   第4章 南インドのジャイナ建築
   第5章 ジャイナ教の山岳寺院都市
   第6章 ラーナクプルのアーディナータ寺院
   第7章 聖地の建築巡礼−北インド
   第8章 聖地の建築巡礼−南インド
   補 遺  『カルパ・スートラ』の写本

インドの木造建築
   第1章 ラダック地方の木造建築
   第2章 ラダック地方の仏教僧院
   第3章 石造と木造の融合
   第4章 ヒマラヤの木造建築
   第5章 ヒマラヤの寺院塔
   第6章 ケーララ地方のヒンドゥ寺院
   第7章 ケーララ地方の木造建築

ヒマラヤ建築紀行
   序 章  ヒマラヤ建築紀行 ’98
   第1章 パングナのドゥルガー寺院
   第2章 角塔型と層塔型の寺院
   第3章 州北部の合掌型の寺院
   第4章 チベット仏教のゴンパと村
   第5章 リッバのゴンパとチトクル村
   第6章 異形の寺院とコトカイの城郭
   補 遺  ウィリアム・シンプソンとヒマラヤ

インド建築史の曙
   第1章 ジェイムズ・ファーガソン
   第2章 インド・サラセン様式 とコンドル
   第3章 伊東忠太とインド建築
   第4章 伊東忠太のインド建築行脚
   第5章 伊東忠太のフィールド・ノート解題
   付 忠太のインド建築調査・旅程
   年 表  ジェイムズ・ファーガソン=著作年表
   年 表  インド建築史と伊東忠太=人物年表

ジェイムズ・ファーガソンとインド建築

砂漠の都市・ジャイサルメル

パキスタン建築紀行

辞典項目でたどるインド・イスラーム建築史

東欧のイスラーム建築

マリのイスラーム建築

世界建築ギャラリー
   中国の風雨橋(三江近辺)
   アンコール王朝の建築(シェムリアプ)
   バドガウンのプジャーリ・マト
   パハールプルのソーマプラ大僧院
   プティアのテラコッタ寺院群
   モヘンジョ・ダーロの考古遺跡
   タクシラのガンダーラ都市遺跡
   ニールギリ山中のトダ族の寺院
   サーンチーとティガワーの寺院
   パラーシャル・リシ寺院
   バーダーミのブータナータ寺院
   シャトルンジャヤの寺院都市
   ジャイサルメルのハヴェリー
   アムリトサルの黄金寺院
   チャンディーガル建築案内 (旅行人版)
   シリアの建築(シリア共和国)
   カラト・セマーンの聖シメオン聖堂
   ヨルダンの建築(ヨルダン・ハーシム王国)
   ソハーグの白修道院と赤修道院
   アハルツィヘのサファラ修道院
   イスタンブルの聖ソフィア大聖堂
   アッシジのサン・フランチェスコ修道院
   ローマのパンテオン
   モンレアーレのドゥオモ
   サモーラのサン・ペドロ・デ・ラ・ナーヴェ聖堂
   フロミスタのサン・マルティン聖堂
   カニグ山のサン・マルタン修道院
   フォントネーのシトー会修道院
   ヴェズレーのラ・マドレーヌ聖堂
   シカゴのユニティ・テンプル

アレクサンドル・ゲルツェンとロシアの風景
   第 1章 プロローグ(ロシア)
   第 2章 アレクサンドル・ゲルツェン
   第 3章 アレクサンドル・ヴィトベルク
       パリサイの学者
   第 4章 アンドレイ・ルブリョフ
   第 5章 エピローグ(フランス)

アルメニアの建築
   第1章 ヴァガルシャパトの建築
   第2章 アルメニア北部の建築
   第3章 アルメニア西部の建築
   第4章 アルメニア中部の建築
   第5章 アルメニア南部の建築
   第6章 ナゴルノ・カラバフの建築
   第7章 周辺国のアルメニア聖堂
   第8章 アニの遺跡
   第9章 アルメニア雑纂
   付 章  アルメニア建築の本

古書の愉しみ
   1. ファーガソンの『インドと東方の建築史』
   2. ファーガソンの『世界建築史』
   3. フレッチャーの『フレッチャー建築史』
   4. ファーガソンの『図説・建築ハンドブック』
   5. フリーマンの『フリーマン建築史』
   6. ファーガソンの『歴史的探究』
   7. メーテルリンクの『青い鳥』
   8. マルグリットの『七日物語』
   9. ジョン・ラスキンの『建築の七灯』
   10. ガイェの 『アラブ美術』と『ペルシア美術』』
   11. ピエール・ロチの『アンコール詣で』
   12. バージェスの『グジャラート地方のイスラーム建築』
   13. 『フリュギア、リュディア、カリア、リュキアの 美術の歴史』
   14. ジェシー・マリオン・キングの『幸福な七日間』
   15. ウェンディンゲン版『フランク・ロイド・ライト作品集』
   16. ヴィオレ・ル・デュクの『建築講話』
   17. トマス・リックマンの『英国建築様式を判別する試み』
   18. 堀辰雄著 『堀辰雄全集』
   19. ゾディアック編『シトー会の美術』
   20. アンセルム・ディミエの『シトー会の美術(翻訳)』
   21. 神谷武夫の『イスラーム建築、その魅力と特質』
   22. ヴェルレーヌの『叡智』と、ランボーの『全詩編』
   23. ギュスターヴ・ル・ボンの『インドの文明』
   24. アンリ・スチールランの『イスラムの建築文化』
   25. 神谷武夫の 私家版『イスラーム建築、その魅力と特質』
   26. 岡倉覚三(天心)の『茶の本』
   27. 新渡戸稲造の『武士道』
   28. 杉本鉞子の『武士の娘』
   29. ゾディアック編『ラ・ニュイ・デ・タン叢書-1』
   30. ゾディアック編『ラ・ニュイ・デ・タン叢書-2』
   31. ゾディアック編『ラ・ニュイ・デ・タン叢書-3』
   32. ゾディアック編『ラ・ニュイ・デ・タン叢書-4』
   33. アンリ・ド・レニエの『二重の愛人』
   34. アンリ・ド・レニエの『古代神話情景集』 
   35. 伊東忠太の『東洋建築の研究-下』
   36. 天沼俊一の『印度旅行記』
   37. R.P.A.の『アーバン・デザイン・マンハッタン』

インド建築・文献目録
   A. インド全般と一般史
   B. インド美術とその歴史
   C. インド建築とその歴史
   D. 古代と仏教の建築
   E. ヒンドゥ教とその建築
   F. ジャイナ教とその建築
   G. イスラーム教とその建築
   H. 非イスラームと近世の建築
   I. 英領時代と独立後の建築
   J. 北インドとその建築
   K. 東インドとその建築
   L. 西インドとその建築
   M. 中インドとその建築
   N. 南インドとその建築
   O. 建築案内・旅行案内
   P. 地図・都市図
   Q. 紀行・体験記
   R. その他の読み物


BACK