GALLERY of WORLD ARCHITECTURE
ソハーグ (エジプト)
白修道院と赤修道院
神谷武夫
白修道院
ソハーグの白修道院

BACK     NEXT


エジプトのコプト教会

 エジプトのキリスト教徒を コプトという。元来これは エジプトのことをギリシア人が アイギュプトスと呼び、アラビア語にはいって キブトとなまったのが 語源であるから、コプトとはエジプト人のことであった。それが キリスト教の一派をさすようになったのは、5世紀半ばに キリストの神人両性についての論争と、コンスタンチノープルの東ローマ帝国による支配への反抗とから、単性論的立場の 独立した教会を形成したことによる。
 単性論とは、キリストの人性と神性は一体不可分である という主張で、ローマ側の両性論、およびネストリウス派の人性論に対立するもので、その離反が決定的になったのは、451年の カルケドン公会議であった。

廃墟となった白修道院の三身廊、ソハーグ

 このコプト教会の成立よりも はるか以前から、エジプトは古代キリスト教の 隠修士たちの修行の地であったが、共住修道院の発祥の地もまた エジプトの砂漠地帯であった。最も古いものは パコミウス(290頃〜346)がテーベの近くの タベンニシに設立したものと言われる。まだ バシレイオスやベネディクトゥスの会則の作られる以前、エジプトやシリアの初期修道院は、このパコミウスの会則を用いる場合が多かった。
 エジプトに彼が開いた いくつかの修道院は いずれも現存していないので、どのような建築形式をもっていたのかは明らかでないが、ナイル中流域の ソハーグの近郊には、5世紀半ばの 白修道院(デイル・アルアビアド)と 赤修道院(デイル・アルアフマル)が、半壊しながらも 初期キリスト教の修道院の姿を今に伝えている。白修道院が建てられたのは コプト教会成立直前の 440年であるから、これがコプト教会に特有の形式であったとはいえないが、それらは「砂漠の修道院」の、一つの典型的な形態であると言えよう。


砂漠の修道院

 6キロメートルばかり離れあった両者は、一方の外壁が 白っぽい石灰岩で作られていることから 白修道院、他方は 焼成レンガが積まれていることから 赤修道院と呼びならわされているが、本来は そこに祀られている聖人の名によって、前者は聖シェヌート修道院、後者は聖ビショイ修道院という。
 聖シェヌートは白修道院の創始者でもあって、パコミウスのような会則を作った 聖ビグルの甥であったから、ここではその会則が用いられたのであろう。またネストリウス派とカルケドン派を批判したというから、これは最初のコプト修道院であったと言えるかもしれない。もう一方の聖ビショイ修道院は やや年代が下がり( 6世紀の建立とも言う)、規模もやや小さい。


白修道院 平面図 ソハーグ 460年
(From "Orient Byzantin" by Henri Stierlin, 1988)

 両修道院を訪ねて、まず驚くのは その外観である。高さ 10メートルを超える 高い壁で囲まれた堅固な建物は、見なれたヨーロッパのキリスト教聖堂よりも、むしろ城砦のイメージに近い。塔もなければ 鐘楼もなく、ただ四角い小窓の列があるのみの 石積みの巨塊は、シンボリズムやモニュメンタリティを拒否しているかのようで、これこそ名実ともに「信仰の砦」なのではないかと思わせる。


建築の形式

 聖堂のプランは両者ともほとんど同じで、三廊式のバシリカ形式をとるが、特徴的なのは、内陣部がトリコンク(三弁形)をしていて、3つの半円形アプスが 向いあっていることである。 デンデラやヘルモポリスなど、5世紀のコプト教会に この形式がしばしば見られるのは、彼らが重視した「三位一体論」の表現であるとも考えられる。このトリコンクの形式は、ずっと後に ヨーロッパのライン地方の聖堂建築に受け継がれることになる。

   
赤修道院のトリコンクの内陣見上げと、白修道院のナルテックス

 両修道院とも 1168年にファーティマ朝によって 大部分が破壊され、身廊部分は 今も廃墟のままとなっているが、トリコンクで囲まれた内陣の部分は生き延びて、今もなお コプトの聖堂として用いられている。
 聖堂の脇には 細長い部屋があり、ナルテックス(玄関廊)と同じく アプスを備えている。その使途は明らかでないが、外部からの入口もあるから、食堂であったのではないかとも言われる。
 外壁には 上層にも窓があるので、天井の高い主身廊と 内陣以外は2階にも部屋があり、それが修道士の寝室や集会室だったのだろう。入口脇と いちばん奥とに、2階への階段が設けられていた。

古代エジプトのエドフ神殿

 私がここを訪れたのは 聖シェヌートの祝日の翌日であったから、エジプト中のコプト教徒が集まって、周囲にテントを張って 宿泊していた。そこには多くの仮設店舗もできて、まるで市が立っているかのようだった。この祭礼が終ると すべてが片付けられ、また通常の、孤立した「砂漠の修道院」に戻る。
 「信仰の砦」と見えた造りは、実は 砂漠の中で外敵から身を守るための 防御の建築形式なのであって、それは 彼らが否定した古代エジプトの 異教の神殿建築から受けついだものなのである。

(2004年4月 「中外日報」)



BACK     NEXT

© TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp