第3章
FUSION OF STONE AND WOOD
石造と木造の融合

神谷武夫


ハトコティのシヴァ寺院

BACK     NEXT


ヒマラヤ中腹部の ヒマーチャル・プラデシュ州

 前回紹介したラダック地方はインドの最北部で、標高 3,000〜4,000メートルもの高地であったが、そこから南へ下ってくるとヒマラヤの中腹部から裾にかけて広がるヒマーチャル・プラデシュ州となる。ここは山また山の山岳地帯であって、平野はない。ラダック地方がほとんど雨の降らない砂漠のような風土であるのに対して、ここは一年を通じて雨が多く、いたる所ヒマラヤ杉や松に覆われていることが下界のインド平原とも大いに違う。
 現在も鉄道はほとんどなく、峡谷ぞいの曲がりくねった道がほとんどなので、きわめて交通不便であり、地図の上で近そうに見える所に行くのにも、実際にはたいそう時間がかかる。そうした地方なので大きな都市はなく、西隣りのカシュミール地方やパンジャーブ地方が歴史上の重要な舞台となってきたのに対して、静かな辺境の地であった。今もあまり観光化していないから、古くからの山村の文化をよく保っていて、人あたりも柔らかである。

ヴァシシュト村のラグナータ寺院

 歴史的には紀元前 3世紀にマウリヤ朝のアショーカ王がインドの大部分を征服した時、ヒマラヤ地方もその支配下に入った。カシュミール地方には仏教文化が栄えたが、しかし交通不便なヒマーチャル・プラデシュまでは十分な支配が行き届かずに、各地の部族が山地民族として暮らしていた。
 もちろん各部族はマウリヤ朝やクシャーナ朝に朝貢していたから、仏教も伝えられたにちがいないが、しかしここでは仏教やヒンドゥ教よりも、山国の土俗信仰が行われていたようである。当時の遺構は何一つ残っていず、ただ発掘された貨幣がカシュミールやインド平原との関係をある程度物語るのみである。
 その後もヒマーチャル地方の歴史はあまりはっきりしない。グプタ朝のチャンドラグプタ2世は4世紀末にヒマーチャル地方を支配下においていたらしいが、パンジャーブ地方やガンダーラ地方にはフーナ(エフタル)族が5世紀から侵入してグプタ朝を衰亡させた。ヒマーチャル・プラデシュにインド平原の宗教と文化が強くもたらされたことを今もはっきりと見ることができるのは、プラティハーラ朝の時代からである。
 8世紀にカナウジを首都として成立したグルジャラ族のプラティハーラ朝は北インド一体を征服し、9世紀にはヒマラヤ地方まで支配する帝国となった。すでに1世紀頃にはヒンドゥ教が浸透していたと考えられるヒマーチャル地方は、9世紀以降プラティハーラ朝のヒンドゥ文化を受け入れて盛んな造寺活動を始めるのである。

木造の小寺院、ナガル


オーソドックスな ヒンドゥ教の石造建築様式の伝来

 ヒマーチャル・プラデシュは深い森に覆われていて木材が豊富なので、インド平原部から石造の寺院様式が伝えられる以前から木造の宗教建築(ヒンドゥ教であるにせよ、ないにせよ)が多く建てられてきたはずだが、古い木造寺院はほとんど残っていない。火事や地震、落雷や腐朽によって失われてしまったのである。
 これに対して不燃で堅固な石造建築は新しい文明の到来を象徴するものであったろう。それは 800年頃に始まった。まずカングラの近くのマスルルに大胆な石彫寺院が造営された。ヒマラヤ地方には石窟寺院がなく、いきなり石彫寺院がもたらされ、これがグプタ美術の名残を含むプラティハーラ朝建築の、ヒマラヤにおける最初の実現である。

      
マスルル、バージャウラー、ウダイプルの寺院

 次いで 9世紀初期にジャガツクの小さなガウリー・シャンカラ寺院とバージャウラーのヴィシュヴェーシュワラ寺院が、本格的な石造建築の技法と美学をもたらした。バージャウラーの寺院はマンダパ(拝堂)のない単室型の寺院であるが、ガルバグリハ(聖室)の上に高くシカラ(塔状部)を立ち上げ、頂部にアーマラカと呼ばれる溝付き円盤をいただき、北方型のヒンドゥ寺院のスタイルをあますところなく伝えている。聖室内に祀られているのはシヴァ神を象徴するリンガ(男根)である。
 これ以後、大小のシカラ型ヒンドゥ寺院が各地に建てられるようになる。最も規模の大きいのはバイジュナートのヴァイディヤナータ寺院で、後世に至るまでヒマラヤにおけるシヴァ信仰の拠点として崇められた。

 ところで石造寺院がもたらされる以前からヒマーチャル地方には木造建築の伝統があり、多くの木造寺院が建てられていたわけであるが、現在に残る中世の木造寺院はわずか3寺院のみである。バルモール(ブラフモール)ラクシャナー・デヴィー寺院、チャトラーリの シャクティ・デヴィー寺院、そしてウダイプルの マルクラー・デヴィー寺院で、いずれも女神(デヴィー)に捧げられている。バルモールの寺院が最も古く、その内部は 700年頃にさかのぼる。しかし創建当時のままとみられる内部の彫刻は、やはりグプタ美術の影響の残るプラティハーラ様式からなり、石造建築が到来する以前にそうした様式や技法が伝えられていたことがわかる。




ヒマラヤにおける木造寺院と石造寺院の比較

 ヒマーチャル・プラデシュ地方においては、インド平原から伝えられた古典的な石造寺院と土着の木造寺院とが共存することになる。それは次第に融合していくことになるのだが、純粋な木造寺院と石造寺院の細部を比較してみると、意外にも きわめてよく似ていることがわかる。
  インド平原の石造建築というのも、もともとは木造に起源があり、石を木のように使って軸組み構造の寺院を発展させたのである。そしてヒマラヤの木造建築もまたグプタ美術やプラティハーラ様式が伝えられると、その彫刻スタイルを木部に応用したので、インド平原の石彫とよく似たものとなった。


   
左:バルモールのラクシャナー・デヴィー寺院(木造)
右:バイジュナートのヴァイディヤナータ寺院(石造)のマンダパ天井

 ここに示すのはチャンバ渓谷のバルモール(ブラフモール)に残る最古の木造寺院であるラクシャナー・デヴィー寺院と、カングラ渓谷のバイジュナートにある石造のヴァイディヤナータ寺院である。前者の外周部は後世のものであるが、内部は 700年頃に創建されたままの姿を保っている。後者の創建は9世紀とも 12世紀ともいわれるが、この写真は 13世紀頃に増築されたマンダパ(拝堂)の内部である。
 どちらも柱・梁構造であり、柱頭の「壷葉飾り」彫刻や腕木、そして天井のデザインがそっくりであることがわかる。これらの天井は、正方形に架け渡された梁と対角方向に「火打ち梁」を架けて小型の正方形をつくり、これを繰り返して小さくなった中央部を一枚板でふさぐという方法で、これをドイツ語では「ラテルネンデッケ」と呼ぶ。
  インドから西アジアにかけて分布する架構法であるが、木造と石造のどちらに起源があるのかは不明である。 ただ、曲げに弱い石を梁として用いるのは本来無理があるので、このバイジュナートの寺院でも梁にひびが入ってしまい、今は鉄骨補強で支えられている。




菅笠型の寺院


ラクシュミー・ナーラーヤナ寺院群、チャンバ

 ヒマラヤ地方には雨や雪が多く木材が豊富であるので、建物が原則として木造であり、勾配屋根が架けられてきたのは日本と同じである。屋根材には、これもまた豊富に産出する片岩のスレートが瓦のように用いられてきた。そしてまた多雨地域では庇で保護されていないと壁が傷むのは石造も例外ではない。
  そこでヒマーチャル地方では、インド平原からもたらされた石造寺院にも屋根を架けるようになる。チャンバのラクシュミー・ナーラーヤナ寺院群に見られるように、シカラの頂部に、まるで菅笠のような屋根を架けてスレートで葺き、壁面を保護したのである。
 下界の石造寺院を見慣れた目にはずいぶんと奇異に映るが、それが巧みな造形効果を生んでもいる。こうした菅笠型の屋根の平面形は四角形または八角形をしていて、シカラ本体とアーマラカの2段に架けられると複雑さが増す。時にはバルコニーのような立体的な形をとることもあるのは、民家形式の影響であろう。

 こうして石と木とが結合されるようになると、もっと積極的に混用されるようになる。 ハトコティのシヴァ寺院ではすでに菅笠型をこえて、初めから聖室を石造とし、屋根を木造とする設計であったように見える。その深い軒の出と反りをもった屋根造形は魅力的である。一方、バラッグのシヴァ寺院では、菅笠のついた石造のシカラの手前に木造のマンダパが増築されて、ユニークな構成をしている。


スングラのマヘーシュワラ寺院の壁面


石造と木造の融合

 ヒマラヤ地方では地震が少なくないので、建物には耐震性をもたせなければならない。その意味もあって、この地方では石造と木造が意外な形で融合することとなった。それは木材を水平材として用い、石と交互に積んで壁をつくるのである。コンクリートの中に鉄筋をいれて補強するように、木の横材と石とを組み合わせることによって、単なる組積造よりもずっと強度の高い壁面を得ることができる。



W.シンプソンによる木の枠組みのスケッチ
(From "Architecture in the Himalaya" by William Simpson)

 上図の ウィリアム・シンプソンのスケッチが示すように、まず木を井桁のように組み、その中に石材を詰めていく。コーナー部では木が重なり合うために、遠目には柱のように見えるが、実際には垂直材はない。ナガルの領主の館が今はホテルになっているが、これはその古い実例である。その後この形式は民家から城塞、そして寺院塔へと広く利用されるようになり、そのストライプ状の壁面がヒマーチャル地方の建物の基本的な要素となった。その高層化した寺院塔の実例は、回を改めて紹介する予定である。

   
センジのテオッグ国王宮と、内部吹き抜け見上げ

 もう一つの融合のしかたは、センジのテオッグ国王宮に見られるような、建物の下層を堅固な石造とし、上層を軽い木造とする方法である。これも耐震性には有効であるが、こうした大きな建物はあまり残っていない。この王宮は本来祭礼のための施設であったというが、内部の吹き抜け大ホールを囲む空間構成はなかなか魅力的である。


BACK     NEXT

TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp