TRAVEL TO HIMACHAL PRADESH 2
角塔型と層塔型の寺院

神谷武夫


チャイニの村と寺院搭(ヨーギニー寺院)

BACK     NEXT


角塔型の寺院塔

 ヒマーチャル・プラデシュ州はすべて山の中である。下界のインド平原のような乾燥地ではなく、山々はヒマラヤ杉や樅(もみ)、そして松の緑に覆われているから、木材は豊富に産する。したがって古来、家々は木造で建てられてきた。
しかし下界で石造建築が発達すると、ヒンドゥ教とともに石造寺院が伝えられ、次第に伝統的な木造と外来の石造が融合するようになる。石を積んだだけの建物はヒマラヤの地震に弱いことがわかると、木材を水平材として石積み壁の間に挿入して補強するようになった。こうした構造を「ドルマイデ」というが、この木の水平材を井桁状の枠組みとして密に積層させ、その間に石を詰めていく構造は「カトクニ」と呼ばれる。

 こうした独特の混構造が成立したのは 14世紀頃だという説があるが、定かではない。パキスタンやアフガニスタンの北部にも見られるから、あるいは西方起源のものであるのかもしれない。
 ヒマーチャル・プラデシュ州の東半分では民家から寺院や宮殿に至るまでこの構造を原則としていて、その壁面は白い石と焦げ茶色の木部とが美しいストライプを作る。この壁面を高く建てて角塔とし、最上階にバルコニーをまわして、切妻、あるいは入母屋の屋根を架けた寺院塔(角塔型の寺院)が、ヒマーチャル地方の最も特徴的な建築形式である。

チャイニ村の女たち

 なかでも、3年前に初めて見出したチャイニ村の ヨーギニー寺院は高さが 30mもあり、村の遠望写真を撮ると、まるで超高層ビルのように聳え立っている。実は、本来はもっと高かった。1905年のカングラ地震で最上部の2層が崩壊してしまったからである。塔の下部は内部まで石の詰まったドルマイデ構造だが、そこに大きな亀裂が入っているのは、その時のものだろう。
 地震で破壊される前の頂部の姿を知っている人はもう現存せず、当時の写真も残っていない。現在の屋根は切妻だが、本来は入母屋であった可能性が高い。ずいぶんと威容を誇っていたことだろう。


チャイニ村再訪

 標高 2,000mの山上の チャイニ村(チェニとも発音する)へは、朝の 8時にマンディを出発して、車で行けるところからさらに1時間のトレッキング、昼の 12時に念願の再訪を果たすことができた。ここには村の広場をへだててもう1本の角塔が建ち、反対側には5階建てのクリシュナ寺院もあり、伝統を乱す要素は何もない。純朴で親切な村人たちの住むこの村は、まさに現代の桃源郷である。

  

  
ヨ-ギニ-寺院の外観と内部

 寺院の撮影をしていると、小さな女の子をつれた女性が声をかけてきた。3年前に寺院の階段下に私を立たせて写真を撮ったでしょう、と。おお、それではあの時の少女が、今では娘の母となっている ヴィディヤー・デヴィー・タクールなのか。ヴィディヤー・デヴィーというのは 知恵の女神 の意である。そしてこのチャイニ・コティの集落の住人は、全員がタクールという姓なのだという。
 つまり、これらの建物群は、かつてこの地方を支配した王国の領主(タクール)の祭政一致の城郭であり、寺院塔は物見塔としての天守閣でもあったのである。4階までの梯子のような外階段は、敵に包囲された時に はずして上れなくし、上から弓矢や火縄銃で応戦する仕組みであった。

 もう 1本の低いほうの角塔は バンダール(モフラなどを収める宝蔵)として用いられているが、おそらくはこちらが古い天守閣であり、18世紀初めに より高い角塔が建てられてから バンダールとなったのだろう。また、タクール一族の中心住居が、今ではクリシュナ寺院に転用されているのである。

  
バンダ-ルと、チャイニ村の典型的な民家

 こうした角塔型寺院の原型は民家にあると考えられる。 チャイニ村の民家を見ると、壁面は塗装されているものの伝統的なカトクニの構造であり、1階は家畜小屋、2階が居住部で、その周囲のバルコニーが廊下であり、物干し場でもあり、雨季の作業場、日向ぼっこをする場所でもある。そして3階の屋根裏に台所と物置がある。火種を絶やさないためか、竈(かまど)にはいつも火がおこされていて、その煙が入母屋の妻部分の窓から排出されるのである。
 規模の違いはあるが、どの家も同じ構成をしている。これが高く引き伸ばされたのがバンダールであり、城の天守閣であり、それにならった独立の寺院塔であって、これは特にシムラ地方に多い。
 民家のバルコニーと屋根は太い梁で豪快に持ち出されるのを常としたが、最近は経済性のために梁を細くし、そのため先端に細い柱を立てるようになって、形の魅力が薄れてきたのが惜しまれる。


ティーリの層塔型寺院

 去りがたいチャイニ村をあとにして、ジープは一路ティーリへ。クル渓谷のビアス川沿いの街道からバージャウラーで折れてパラーシャル湖へと向かう道を3分の1ほど行くと ティーリの村である。ここでは約 40分のトレッキング。前回来たのは夕方で、トレッキングの間にとっぷり日が暮れてしまい、寺院に着いた時には真っ暗になってしまった無念の地である。 今回は十分明るいうちにたどり着き、ここも山頂なので、午後遅い 水平に近い光の中で写真を撮ることができた。

ティ-リのア-ディ・プルカ寺院

 このティーリのアーディ・プルカ寺院は、前記の角塔型に対して、日本の五重塔やネパールの塔に似た層塔型の寺院である。矩形プランの三重塔であるが、層塔型の頂部の屋根は通常、円錐形をしている(その理由は明らかでない)
 19世紀にヒマーチャル地方の本を書いたハーコート以来、こうした寺院形は「パゴダ型」と呼ばれてきたが、そうした呼称は不適切であるとして、私はヒマーチャル地方の木造ヒンドゥ寺院の新しい分類と呼称を、99年の9月に「インド考古研究会」で発表した。すなわち、合掌型、層塔型、複合型、角塔型、という4分類である。
  ヒマーチャル地方の木造建築を古くから研究している O・C・ハンダが、昨年その研究を集大成した本を出版したのでそれを見たら、彼もまた前著まで採用していた「パゴダ型」というような呼称を排して、私のものに近い分類と呼称を採用していた。今後はもう「シャーレ」や「パゴダ」という言葉を使わなくてすむだろう。

ア-ディ・プルカ寺院の内部

 ティーリの寺院は、近年修復された時に木部が塗装されてしまったが、頂部の円錐屋根は昔ながらに木の板で葺かれている。かつてはすべてが木であったが、今では下の2層はスレート葺きである。珍しいのは堂の手前に一段低く、回廊で囲まれた前庭を付していることで、これが半外部のエントランス・ホールになっている。
 堂の内部に入ると、上層階を支える4本柱が立っていて、石造寺院における「マンダパ(拝堂)」のように見える。そこで「ガルバグリハ(聖室)」に相当するミニ祠堂を設置して、その中に本尊のモフラを安置しているのである。


BACK     NEXT

TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp