第5章
TEMPLE TOWERS IN THE HIMALAYA
ヒマラヤの寺院塔

神谷武夫


北のサラハンの ビーマカーリー寺院

BACK     NEXT


寺院塔との出会い

 もう8年くらい前になるが、カシュミールからラダックにかけて旅をする予定だったのに、紛争のためにカシュミールに入域できず、ヒマーチャル・プラデシュ州をまわってからラダックに行くことになった。まずチャンバに着いたのだが、この州はインドの中でもあまり観光化していなくて、本もろくに目にしないので、たいして見るべきものがないのだとばかり思っていた。ところがチャンバのホテルで思いがけない写真を目にすることになった。
 それは高山の上に建つ寺院で、低層の建物に囲まれた中庭に塔状の建物が立ち、それらすべてが反りのついた「入り母屋造り」の屋根をいただく、実に魅力的な、しかも初めて目にするタイプの建築であった。これは一体どこの建物なのかと尋ねると、ヒマーチャル・プラデシュ州でも中国に近い方の サラハンという所にあるヒンドゥ教の寺院 だという。インドにはまだ未知の建築文化があるのだということに興奮し、これがヒマラヤの木造建築にのめりこむきっかけとなった。

   
森の中のカダラン村と ライレムール寺院の角塔

 すべてが山の中にあるこの州は ヒマラヤ杉と松で覆われた木造文化圏であり、カシュミール地方のモスクが木造であるように、この地域のヒンドゥ寺院が独特の木造であることを知ったのは大きな驚きであった。
 その木造建築のなかでも最も興味深いのは「角塔型」の寺院である。それは前回紹介した多層の「パゴダ型」寺院とは全く異なっている。水平に積まれた木と石がストライプ状の壁をつくるのはヒマーチャル地方全体に共通するのだが、東部地域においてはそれが大きな壁面を見せて高く伸び上がり、その上にバルコニーが張り出し、スレートで葺かれた入り母屋造りの屋根を架けるのである。当初の旅程にはなかったのだが、ぜひともそのサラハンを訪ねようと思ったのだった。

バドリナータ寺院、カムル


寺院塔とは何か

 この角塔型の「寺院塔」には謎が多い。その起源も機能も形態も、はっきりと解き明かした本がまだ出版されていない。ひとつには、交通不便なためにそれらを訪ねるのが容易でなく、まだほとんど実測されていないこと、そしてこれらの寺院塔の内部には異教徒が入ることが許されないことである。さらに、本来これは世俗建築であるのか宗教建築であるのか、という問題がある。
 古来ヒマーチャル地方では、木造の宮殿や館が後に寺院に転用されることがめずらしくないので、形態だけからはその区別があいまいである。まず考えられるのは、民家形式の高層化ではないかということで、この地方の民家は下階が石と木による堅固な壁で囲われ、その上に木造の居住部がバルコニー状に張り出している。下階は玄関のほかに家畜と物置のスペースにあてられる。

チェッラの近くの小規模な寺院塔

 チェッラの近くにあるごく小さな寺院塔を見ると、階段が外についていることを除けば、ほとんど同じ原理であることがわかる。カムルの大規模な寺院塔もこの巨大化だとみることができ、しかもここはバシャール王国の都がサラハンに移されるまで首都の城塞であったという。とすれば、本来この寺院塔は城の天守閣であったとも考えられるが、それと寺院機能との関係がはっきりしない。

 マナンには、前回紹介した「パゴダ型」の ドゥルガー寺院 の近くの丘の上に マナネーシュワラ寺院 がそびえている。インド圏の木造建築を研究しているベルニエによれば、これはドゥルガー寺院の「バンダール」であり、周囲の建物はマタ(僧院)か参詣者の休息所であったのではないかという。
 バンダールというのは祭器庫、あるいは宝蔵であるが、西インドにはバンダールと呼ばれるジャイナ教の施設があり、そこでは古い写本が集められ保存されている。それは一種の図書館、あるいは文書館というべきもので、特にジャイサルメルのバンダールが有名である。ヒマラヤでは本来は穀物倉であり、寺院への捧げ物を納めたのだろうという。

多くのモフラが取り付けられた神輿

 ここにはまた聖像や「モフラ」が収蔵されている。ヒマーチャル地方に特有のモフラ(仮面)というのは、神を含めた信仰の対象を意味する「デヴァター」とも呼ばれ、銀や真鍮でつくられている。しかし実際に顔につける仮面ではなく(目や鼻の穴もあいていない)、ダシャーラやシヴァラートリなどの祭礼の時にのみ ラタ(みこし)に載せられて祭礼場まで運ばれ、公開される。
 筆者はまだ出くわしたことがないが、その地区の諸寺院のモフラが一同に集められるのは壮観であるらしい。ここにも下界のインド平原とは異なった、ヒマラヤの独自の民間信仰と結合したヒンドゥ教がかいまみえる。
 それにしても、バンダールの方が寺院本体よりも雄大でモニュメンタルにつくられるというのは理解しがたい。とりわけカダランや スングラ ではバンダールが村全体を睥睨(へいげい)するように抜きんでている。それは南インドのドラヴィダ様式の寺院において、本堂よりも ゴプラ(寺門)の方が偉大に造られたのと同じ精神なのだろうか。

北のサラハンのビーマカーリー寺院


北と南のサラハンの寺院

 サラハンという地名はヒマーチャル・プラデシュ州に多いが、重要な寺院があるのはサトレジ渓谷のサラハンとチョパール渓谷のサラハンなので、これを区別して北のサラハンと南のサラハンと呼ぶことにする。
 北のサラハンは バシャール王国の首都である 交易都市のラーンプルから 1,000メートルも山を登った標高 1920メートルの高地にある。ここに威容を誇る ビーマカーリー寺院 は、A・H・フランケが 1909年にシムラからキンノール、ラダックを経由してカシュミールに至る大旅行をした時には王国の夏の宮殿であった。 当時 70歳になる サムシェル・シング王 がここに住んでいて、その居城の美しさを自慢したという。たしかに、これはインドのヒマラヤで最も雄大で魅力的な建物である。その城郭が、現在はすべてビーマカーリー寺院の境内となっている。
 城と寺院との関係はいまだ詳らかでないが、おそらく当時から祭政一致の王国で、両者が一体化していたのだろう。寺院塔は天守閣の役割を果たしてもいたのだろうが、そのフランケの撮影した写真では、大きな寺院塔はひとつだけであって、その脇に建つ小さめの塔とブリッジで結ばれていた。
 その写真によって、新堂は 20世紀になってから建設されたのだということがわかる。古い寺院塔が老朽化して傾いてきたので、小さめの塔を取り壊して、新しい寺院塔を建て、カーリー女神を移したのである。旧堂はバンダールとなった。

南のサラハンのビジャト寺院

 一方、南のサラハンの寺院はずっと遠い山奥にあり、ビジャト神を祀っている。ここではほとんど同形の寺院塔が二棟建ち並んでいて、その間が中庭への入り口となる特異な構成をしていて、訪問者を驚かせる。しかしこれも左側の棟があとから建てられて、ビジャト神(ヴィシュヌ神)移されたのだという。これは寺院本体であって、バンダールではない。しかも M・J・シングによれば、これは釘を用いない伝統的な構法で建てられているという。

寺院塔の起源

 ヒマーチャル・プラデシュ州の北部のマナーリから、さらに標高約 4,000mのロータン峠を越えてラダック地方への道をとると、ゴンドラーという小さな町がある。かつてはインドとチベット、そしてシルクロードとを結ぶ隊商路の交易都市であった。
 ここに 18世紀初めの古い城塞があり、それがこれまで見てきた寺院塔の原型のような形をしている。石と木を水平に積んだ大規模な角塔の最上層に木造の居住部がバルコニー状に張り出してスレート葺きの入り母屋屋根をいただいているのである。

   
ゴンドラーの町の古い要塞

 現在は荒廃して内部に入れないが、かつてはこの地域を守る砦であり、領主の館であった。1870年のハーコートの報告では、全体が6階か7階建てで、内部には柱で支えられた大きな部屋があり、100人もの人が住むことができたという。最上階には仏堂が二つもあって、チベットのラサやシガツェから持ってこられた仏像が祀られていたらしい。これは住居であり防御施設であり、物見塔でもあった。
 この原初的な塔建築がクル渓谷からシムラ渓谷、サトレジ渓谷へと伝えられて城の天守閣や寺院のバンダールになったのではないかとも考えられる。チャイニ(かつてキンノール地方のチニと混同された)にある、きわめて高層のヨーギニー寺院ともよく似ている。では、ゴンドラーの塔の起源はどこにあるのか、となるとよくわからない。

O.C. ハンダのスケッチによる、チャイニのヨーギニー寺院
(From "Art and Architecture of Himachal Pradesh" by M.G. Singh)

 似たような形状の塔としては、遠くコーカサス地方の グルジアの住居 が思い起こされる。あのバーナード・ルドフスキーの『建築家なしの建築』にも紹介されている城塞化した塔状住居である。はたしてそれが、中央アジアを経由してヒマラヤまで伝えられたものかどうか、両者をつなぐ軌跡は見当たらないのである。
 塔状住居は階段の登り降りだけでも苦労なのだから、防御の目的がなければ建てないし、下部を主に石で造るのも防御姿勢の表れである。ヒマーチャル地方では村全体を周壁で囲んで要塞化することは希(まれ)であったから、個々の住居や寺院がそれぞれに身を守らねばならない。
 下階を石造またはレンガ造として上階を木造の居住部とすることが古代から行われていたことは、サーンチーのトラナにほどこされたレリーフ彫刻などを見ればわかる。往古の豪族は塔状の住居に住んでいたともいうから、寺院塔は古代インドの住居形式をうけついでもいるのだろう。

優美な入り母屋造りの寺院塔、マナン

 ところで、この地方の木造建築のもつ大きな謎は、屋根の「反り」にもある。これを中国の影響と考える人もいるが、それにしてはネパールでもカシュミールでも、そして西部ヒマーチャル・プラデシュでも屋根は直線であるのだから、それには同意しがたい。
 屋根の反りの源泉は外部の建築の影響ではなく、ヒマーチャル・プラデシュ地方の自然にあったのではないか。つまりヒマラヤ杉の枝葉の「反り」が建築形態に反映したのではないだろうか。ヒマラヤ杉は英語でデオダルというが、これはサンスクリット語のデーヴァダラ(神々の木)からきている。この聖なる木々に囲まれて生きるヒマラヤの人々は、その住まいや寺院の屋根にもその優美な反りを取り入れたように思えるのである。


BACK     NEXT

TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp