GREAT CHOLA TEMPLES
タミル地方
チョーラ朝の大寺院

神谷武夫

南インド、タミルナードゥ州にある、タンジャーヴール(タンジョール)の
ブリハディーシュワラ寺院、ガンガイコンダチョーラプラムのブリハディーシュワラ寺院、
ダーラースラムのアイラーヴァテーシュワラ寺院の3寺院を一括して
2004年にユネスコ世界遺産の文化遺産に登録

BACK     NEXT


 南インドのタミル・ナードゥ州というのは、タミル人の国を意味する。北インドのサンスクリット語を話したアーリヤ人とは まったく別のドラヴィダ系の言語を話す人たちをドラヴィダ民族と呼ぶが、インドの言語州による区分では、テルグ語のアーンドラ・プラデシュ州、カンナダ語のカルナータカ州、タミル語のタミル・ナードゥ州、マラヤーラム語のケーララ州がその居住域で、通常これら4州を南インドという。
 その中で一番広い面積をもつのがタミル・ナードゥ州で、中世の昔にはチョーラ朝という大帝国が栄え、国家規模にふさわしい大寺院建築を発展させた。現代に至るまでその代表として多数の信者、巡礼者を集めてきたのが 最大規模を誇るタンジャーヴールのブリハディーシュワラ寺院で、1987年にユネスコ世界遺産に登録された。
 しかしタミル地方には他にも多くのドラヴィダ寺院建築の遺産があるので、紆余曲折をへた後、大規模な ガンガイコンダチョーラプラムのブリハディーシュワラ寺院および ダーラースラムのアイラーヴァテーシュワラ寺院と合わせて「チョーラ朝の大寺院」として、2004年に拡張 再登録された。このサイトでは すでにタンジャーヴールの寺院が掲載してあったので、それに付け加える形で他の2寺院を『インド建築案内』から転載し、写真と図面をより充実させて、ここに新しいページとすることにした。



BRIHADISHVARA TEMPLE in THANJAVUR

タンジャーヴール(タンジョール)の
ブリハディーシュワラ寺院
(『ユネスコ世界遺産』より)

南インド、タミルナードゥ州、チェンナイの南約290km
1987年 ユネスコ世界遺産の文化遺産に単独で登録
2004年 ガンガイコンダチョーラプラム、ダーラースラムと合わせて拡大再登録




神に捧げる巫女の舞

 11世紀の初め、チョーラ王国の都タンジャーヴールに、シヴァ神を祀るブリハディーシュワラ寺院が完成すると、祭司たちは、デーヴァダーシーとよばれる巫女(みこ)にするための、未婚の美しい少女を探して全国をまわった。「神の召し使い」の意味をもつデーヴァダーシーは寺院に所属し、主神シヴァ神に踊りを捧げる役割を担うため、よい家柄の出であり、もちろん処女でなければならなかった。というのも、彼女は教育を終えると、シヴァ神との婚姻の儀式を迎えることになるのである。選ばれたデーヴァダーシーたちは、思春期を迎える前にこの大寺院に入り、舞踊術を身につけ、未来の夫を敬いながら日暮れに灯明を捧げ、讃歌を歌って神を楽しませたのである。
 1930年代にブリハディーシュワラ寺院のヴィマーナで発見された創建当時の壁画には、天上界で踊るアプサラス(天女)たちが、宇宙の維持者であるヴィシュヌ神とともに描かれている。この驚くほど保存のよい壁画のように、当時からデーヴァダーシーが伝えた優美なバラタ・ナーティヤムの踊りは、今ではタミル地方を越えてインド中で踊られている。

近世のナーヤカ朝時代の回廊の壁画

 この壁画が発見されたのは、聖室をとりまく繞道(にょうどう)である。 経文を唱えながら聖所の周囲を右回りにまわる道筋を繞道とよぶが、この寺院の繞道の壁と天井には 17世紀のナーヤカ朝時代の絵が描かれていた。その絵の下から、はるかに古い 11世紀の壁画が現れて、再び人の目に触れることになったのである。
 繞道の南側の壁面には聖樹の下で教えを説くシヴァ神、北側には3つの都に住む魔神を退治するシヴァ神、さらに西側にはヒマラヤのカイラーサ山で聖者を迎えるシヴァ神が描かれている。8本の腕をもつシヴァ神は創造の神ブラフマーが率いる戦車に乗り、あるいはまた首と上腕に蛇を巻いて、虎の皮の上でヨーガの修行をする。そのほか西側の壁画のなかには、ラージャラージャ1世(在 985〜1014)がそのグル(師)であるカルーヴル・デーヴァルと並ぶ姿もある。これらの壁画は長い時を経ているにもかかわらず、漆喰(しっくい)で塗り込められて外気から守られていたために良好な状態が保たれており、唯一残るチョーラ朝時代の絵画としてきわめて貴重である。

ブリハディーシュワラ寺院の全景


ラージャラージャT世による国家事業

 1010年頃、ベンガル湾に注ぐカーヴェリ川下流域につくられた新首都タンジャーヴールの南西部に、チョーラ朝のラージャラージャ1世が建設していたブリハディーシュワラ寺院が完成した。当時は王の名をとって、ラージャラージェーシュワラ寺院とよばれ、その後を継いだラージェンドラ1世がガンガイコンダチョーラプラムに首都を移して造営したラージェンドラ・チョーリーシュワラ寺院と並んで、チョーラ朝期の寺院の双璧をなす。これらは南インドにおけるチョーラ朝の覇権を示す一大国家事業であった。
 タンジャーヴールを要(かなめ)として扇形に広がるデルタ地帯は「南インドの庭園」とよばれる肥沃な穀倉地帯で、古くから開けた土地であった。ヒンドゥ教に帰依した歴代の王たちは、この地に多くの寺院を建設したが、そのなかで最大のものがブリハディーシュワラ寺院である。ラージャラージャ1世は弱体化していたチョーラ朝を再興し、南インドからスリランカの一部、インド洋のモルディヴ諸島、はてはアラビア海のラカディーヴ諸島までも勢力を伸ばした。

ブリハディーシュワラ寺院の平面図
(From "The History of Architecture in India" by Ch. Tadgell)

 わずか 7年で完成したというブリハディーシュワラ寺院は約 120m に 240m の境内を回廊で囲まれ、さらにその外側を、タンク(貯水池)も含めて約 350m 四方の広さにレンガ塀で囲まれている。境内には、ナンディ堂、ふたつ連続した広大なマンダパ(拝堂)、アンタラーラ(前室)、そして上部に塔がそびえるヴィマーナが、東西軸上に一列に並んでいる。レンガ塀と回廊には、やはり中軸上の東側中央に初期のゴプラ(寺門)があり、ここが境内への唯一の入り口となっている。どちらも彫刻で飾られて華々しい造形となっているが、後世の南インドの大寺院におけるゴプラと比べると、ヴィマーナが高いだけよけいに、ずいぶんと背が低く見える。

両側に守門神が彫刻された第2ゴプラ

 回廊に設けられた第2ゴプラは幅、高さともに約 24m と第1ゴプラより小振りだが、ここにほどこされた彫刻は第1ゴプラを凌ぎ、扉口の両側には巨大なドゥヴァーラパーラ(守門神)が取りつけられている。境内を囲む回廊にはシヴァ神の象徴であるリンガ(男根)が並び、その背後の壁面にはナーヤカ朝時代の壁画が描かれて参詣者の目を楽しませてくれる。
 花崗岩とレンガでつくられたブリハディーシュワラ寺院は、その規模の大きさと完成度の高さにおいてガンガイコンダチョーラプラムの大寺院とならび称され、ドラヴィダ様式(南方型)の最高峰をなすものである。マハーバリプラムに始まった南方型の石造寺院の発展はここに絶頂期を迎えた。タンジャーヴールのブリハディーシュワラ寺院は、同じチョーラ朝期に建てられる南インドや東南アジアの寺院の模範となった。
 ところがチョーラ朝が 13世紀に滅んだ後、南インドの寺院様式は急旋回を遂げる。もはや巨大なヴィマーナはつくられず、大寺院は境内ばかりを広げて何重にも塀で囲み、その四方にゴプラを建てるようになるのである。ゴプラの高さは外側にいくほど高まり、ついには 60m を超すゴプラも現れて、本堂と門との高さ関係は完全に逆転してしまうのである。その意味でも、このタンジャーヴールの大寺院は、正統的な南方型寺院の代表作といえよう。

ナーヤカ朝の時代に加えられたポーチ内部


森羅万象の中心 ー ヴィマーナ

 ヒンドゥ教社会において社会的にも文化的にも中心的存在をなす寺院建築には、神性の宿る山や、生命を育む母胎が象徴的に取り込まれている。聖なる山としてとくに重要視されるのは、シヴァ神の住まいであるカイラーサ山と、宇宙の中心とされる伝説の山、メール山(須弥山、しゅみせん)である。人間界において神々が訪れる場所である寺院は聖なる山々を地上に再現したもので、人と神が交わる場であり、森羅万象の中心でもある。
 天に向かってピラミッド状にそびえ立つヴィマーナの頂部には、人間界と神界のあいだの境界として、半球形の冠石(かむりいし)が置かれる。北インドでは聖室の上の塔状部全体をシカラと呼んだが、南インドではこの冠石のみを指してシカラ(山頂)とよぶのである。ブリハディーシュワラ寺院のヴィマーナの頂にも巨大な単岩のシカラが置かれ、その重さは 80トンにもなると推定されている。この花崗岩のシカラがどのようにして 60m もの高さに持ち上げられたのかは今も謎である。一説には斜面の足場が架けられたといい、その長さは6km にもおよんだという。このシカラは吉兆を表す八角形の聖杯の形をし、その上に金箔でおおわれた銅による壷形のカラシャ(頂華)をいただいている。

頂部にシカラの載るヴィマーナの塔状部

 また、ヴィマーナ内部のガルバグリハ(聖室)の「ガルバ」が子宮を意味することからもわかるように、洞窟に似たこの聖所は母胎を象徴している。シヴァ神に献じられた寺院の聖室においては神像の代わりに、シヴァ神の象徴であるリンガが祀られる。ブリハディーシュワラ寺院に祀られたリンガもまた巨大なもので、これに潅水(かんすい)するために足場を要した。インド全域でも最大のリンガとみられている。
 ブリハディーシュワラ寺院のヴィマーナは平面がおよそ 25m 四方の正方形で、聖室の上にピラミッド状の高大な塔をもつ。13層の塔は鋭角的にのび上がり、南方型の階段状でありながら大きく分節化されることなく、その輪郭線は直線的である。下の外壁は2段に分けられ、南方型に特徴的な付け柱や壁龕(へきがん)で凹凸をつくって、広い壁面を区切っている。 各面の中央部には窓が設けられ、その上部に祠堂をかたどった屋根が一段と高く彫刻されて、この奥に聖室があることを示している。
 外壁の壁龕にはヒンドゥ教の神々の彫像が飾られているが、その多くはシヴァ神である。下段の南面には宇宙の踊り手として、108の型をもつバラタ・ナーティヤムのポーズをとるシヴァ神が、舞踏王ナタラージャの姿で描かれている。基部にはヤーリとよばれるライオンに似た空想上の動物の彫像が、本堂をぐるりと囲んで一列に並んでいる。要所にはマカラとよばれるワニのような姿をした怪獣の大きな口から、チョーラ朝の権力を支えた戦士たちが姿を現している。塔を構成する各層には、チョーラ朝に先立つパッラヴァ朝期の様式によるミニチュア祠堂が整然と並び、最上層の四方の角には、シヴァ神の忠実な供である牡牛ナンディの石像が一対ずつ見られる。

ブリハディーシュワラ寺院のヴィマーナの基部


碑文が語るもの

 ブリハディーシュワラ寺院の基部には、創建者ラージャラージャ1世の偉業をたたえるばかりでなく、この「寺院都市」ともいうべきタンジャーヴールの町の社会組織についても記録した碑文が刻まれている。11世紀初頭のタンジャーヴールには数百人の祭司のほかに、寺院の踊り子、笛吹きや太鼓手、ヴィーナ奏者に法螺貝吹き、天蓋持ちや散水係、ランプ係や洗濯係など 600人を超える人々が住んでいた。こうした人々は寺院での仕事に半日を費やし、残りの時間はラージャラージャ1世から無償で貸与された耕地で農作業に従事した。寺院との契約は石に彫られ、耕地使用の代償として、寺院の建設に手を貸し、祭礼にはきらびやかに飾られた山車(だし)を引くのが義務であった。
 この碑文のおかげで、寺院がいかに多くの金、銀、宝石類を所有していたかも知ることができる。寺院は造船業者や村の共同体、同業組合などに融資し、最高で 30パーセントまでの利子を得たのである。チョ−ラ朝が衰退期を迎える頃になってからでさえ、ブリハディーシュワラ寺院は拡張と装飾のための資金を潤沢に提供された。

スブラフマニヤ祠堂の壁面

 このようにして境内には、寺院本体のほかにさまざまな施設が建てられた。13世紀には東西軸と直交してシヴァ神の神妃であるデヴィーの祠堂が、17世紀にはヴィマーナの右手後方に、きめの細かい花崗岩の彫刻で飾られたスブラフマニヤ祠堂が建造された。やはり後世のガネーシャ祠堂の近くには、およそ2万冊のサンスクリット語の写本が収められた寺院図書館もあった。
 また、ナンディのためには独立したナンディ堂が建てられた。この堂内のナンディの彫像は、長さ6m に高さ4m の黒い花崗岩製で、インド最大のものである。 遠い昔から、人々はこのナンディ像に毎日油をたっぷり塗りつづけてきたので、今日では、あたかもブロンズ像のような光沢を放っている。





BRIHADISHVARA TEMPLE in GANGAIKONDACHOLAPURAM

ガンガイコンダチョーラプラム
ブリハディーシュワラ寺院
(『インド建築案内』より)

南インド、タミルナードゥ州、タンジャーヴールの北東約70km
2004年 ユネスコ世界遺産の文化遺産に登録



ガンガイコンダチョーラプラム

ガンガイコンダチョーラプラムの ブリハディーシュワラ寺院、平面図
(From "The History of Architecture in India" by Ch. Tadgell)

 クンバコーナムの北方35kmの寒村に、それとは不釣り合いに壮大な寺院が 広い境内に聳えている。かつてこの地はラージェンドラ1世(在1012-44)がチョーラ朝の新首都とした所で、ガンガイコンダチョーラプラムという町の名は「ガンジスを征服したチョーラ朝の都」という意味である。その前の首都タンジャーヴールに 先王 ラージャラージャ1世が建設したブリハディーシュワラ寺院に対抗して、ラージェンドラ1世は 同名の大寺院をここに造営したので、彼の名をとってラージェンドラ・チョーリーシュワラ寺院とも呼ばれた。この寺院は高さこそ前者に劣るものの(60mに対して 55m)、その建築的完成度の高さと美しさにおいて、チョーラ寺院の最高傑作と言えよう。前者のヴィマーナが直線的にそそり立って“男性的”とされるのに対し、こちらは優美な凹曲線を描いて“女性的”とされる。

  


ブリハディーシュワラ寺院の全景と壁面

 プランは単純で、聖室(ガルバグリハ)を繞道が取り巻き、前室(アンタラーラ)をへだてて 長大な拝堂(マンダパ)が続く。マンダパの正面のほかに 前室の左右にも入口があるのも、タンジャーヴールの大寺院と同じである。ヴィマーナの壁面は2層構成で、リズミカルな付け柱と祠堂形の中に シヴァ神などが彫刻されている。本来は同様の2層の壁面がマンダパにも連続するはずだったのだが、未完に終わってしまった。
 境内には二人の王妃が建てた二つの小寺院があり、どちらもシヴァ神の住まいとしてのカイラーサ(山)の名が付けられている。

  
ブリハディーシュワラ寺院の壁面と、カイラーサ寺院




AIRAVATESHVARA TEMPLE in DARASURAM

ダーラースラム
アイラーヴァテーシュワラ寺院
(『インド建築案内』より )
南インド、タミルナードゥ州、タンジャーヴールの北東約40km
2004年 ユネスコ世界遺産の文化遺産に登録



ダーラースラム

ダーラースラムの アイラーヴァテーシュワラ寺院、平面図
(From "The History of Architecture in India" by Ch.Tadgell)

クンバコーナムからわずか2kmの所にあるアイラーヴァテーシュワラ寺院は、チョーラ寺院の傑作の一つである。ラージャラージャ2世(在 1146-73)によって造営されたので、タンジャーヴールの寺院と同じように、当初はラージャラージェーシュワラ寺院と呼ばれた。隅から隅まで密度高く彫刻されていて、破綻がない。しかしチョーラ朝が造営した3番目に大きな寺院であるにもかかわらず、ヴィマーナの高さは25mであって、タンジャーヴールやガンガイコンダチョーラプラムの寺院の半分にも満たない。すでに南インドにおける寺院形式の変化のきざしが起きていたのであって、寺院の中心である聖室(ガルバグリハ)の上部構造を傑出させるよりも、周囲の細部を緻密にするマニエリスム的な傾向や、寺域の拡大に熱心になっていくのである。

  
アイラーヴァテーシュワラ寺院のゴプラ、頂部、壁面

 寺院はタンジャーヴールのブリハディーシュワラ寺院のように、完全に回廊で囲まれている。奇妙なのは拝堂(マンダパ)の正面に階段がなく、マンダパから左脇に突き出している部分がエントランス・ポーチになっていることである。そこはチャリオット(戦車)に見立てられて、象や馬、そして車輪が彫刻されている。13世紀前後は 寺院を、天翔ける山車(だし)に見立てるのが流行であった。その最大のものが コナーラクのスーリヤ寺院であった。

  
アイラーヴァテーシュワラ寺院の戦車を引く象と馬、マンダパ内部

 この後にくる、チョーラ朝の最後の大寺院が、冒頭に掲げた トリブヴァナムの カンパハレーシュワラ寺院(13世紀初め)で、ヴィマーナの高さは ダーラースラムよりも10m以上高い。


BACK     NEXT

TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp