古書を買うと、時に、ページの間に何かが はさまれていることがあります。
昔 購入した ブルーノ・タウトの『ニッポン』 (明治書房刊、1941年) には
押し葉が はさまれていました (長さ 12.5cm)。何の葉か わかりませんが、
葉は きれいに葉脈を残すだけとなり、そこに止まっていた蛾の翅は、今も色鮮やかです。