La Medina de Tunis

ANTIQUARIAN BOOKS on ARCHITECTURE

古書の愉しみ

神谷武夫


長年 インドやイスラームの建築を研究していると、新刊書ばかりでなく、多くの古書を蒐集してしまうことになります。19世紀には まだ写真製版がなかったので、本の図版は銅版画や石版画、木版画でなされました。 表紙が革装の美しい本もあり、単に読むだけではない、古美術品のような趣も呈します。一般に古書の話は文学書に傾きがちですが、ここでは私の蔵書の中から、主にインドやイスラームの建築書を紹介していきます。本の内容もさることながら、造本や装幀についても 語っていきます。

HOME
01 『インドと東方の建築史』     ジェイムズ・ファーガソン インドと東方
02 『世界建築史』          ジェイムズ・ファーガソン 世界建築史
03 『フレッチャー建築史』        バニスター・フレッチャー フレッチャー
04 『図説・建築ハンドブック』     ジェイムズ・ファーガソン ハンドブック
05 『フリーマン建築史』        エドワード・A・フリーマン フリーマン
06 『歴史的探究』(「建築美の原理」)   ジェイムズ・ファーガソン 歴史的探究
07 『青い鳥』(六幕の劇)   メーテルリンク + アンドレ・マルチ 青い鳥
08 『七日物語』(エプタメロン)マルグリット + シェリ・エルアール エプタメロン
09 『建築の七灯』             ジョン・ラスキン 建築の七灯
10 『アラブ美術』『ペルシア美術』    アルベール・ガイェ アラブ美術
11 『アンコール詣で』      ピエール・ロチ + モーリス・ラロ アンコール詣で
押し葉 押し葉
12 『グジャラート地方イスラーム建築』 ジェイムズ・バージェス ASI報告書
13 『フリュギア、リュディア、カリア、リュキア美術の歴史』 リュキアの美術
14 『幸福な七日間』         ジェシー・マリオン・キング 幸福な七日間
15 『 フランク・ロイド・ライト作品集 』   ウェンディンゲン版 ライト作品集
16 『 建築講話 』             ヴィオレ・ル・デュク 建築講話
17 『 英国建築様式を判別する試み 』      トマス・リックマン リックマン
18 『堀辰雄全集』(新潮社版)             堀 辰雄 堀辰雄
19 『シトー会の美術』             ゾディアック編 シトー会
20 『シトー会の美術(「総論」の翻訳 )   アンセルム・ディミエ シトー会
21 『イスラーム建築 その魅力と特質 』        神谷武夫 イスラーム
22 『叡智』『全詩編』        ヴェルレーヌ と ランボー ヴェルレーヌ
Charing Charing Cross
23 『インドの文明』            ギュスターヴ・ル・ボン ル・ボン
24 『イスラムの建築文化』          アンリ・スチールラン イスラーム
25 私家版『イスラーム建築 その魅力と特質 』     神谷武夫 イスラーム
26 『茶の本 』 THE BOOK OF TEA        岡倉覚三 (天心) 茶の本
27 『武士道THE SOUL OF JAPAN          新渡戸稲造 武士道
28 『武士の娘 』                  杉本鉞子 武士の娘
29 ラ・ニュイ・デ・タン叢書』 1. フランス北部    ゾディアック編 ゾディアック
30 ラ・ニュイ・デ・タン叢書』 2. フランス南部     ゾディアック編 ゾディアック
31 ラ・ニュイ・デ・タン叢書』 3. ヨーロッパ南部   ゾディアック編 ゾディアック
32 ラ・ニュイ・デ・タン叢書』 4. ヨーロッパ北部   ゾディアック編 ゾディアック
33 二重の愛人』     アンリ・ド・レニエ + ジョルジュ・バルビエ 二重の愛人
34 古代神話 情景集 』    アンリ・ド・レニエ + アンドレ・マルチ 古代神話 情景集
押し葉 押し葉
35 東洋建築の研究 下 』        伊東忠太 建築文献 IV 伊東忠太建築文獻
36 印度旅行記 』                 天沼俊一 印度旅行記
37 アーバン・デザイン・マンハッタン (NEW)   地域計画協会 マンハッタン
HOME

ブジュニのレリーフ彫刻

© TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp