BOOKS on ARMENIAN ARCHITECTURE - I
ミラノ工科大学建築学部 +
アルメニア共和国科学アカデミー編

『 アルメニア建築 ドキュメント 』

Faculty of Architecture of the Milan Polytecnic &
Academy of Sciences of the Republic of Armenia:

"DOCUMENTS OF ARMENIAN ARCHITECTURE"
23 volumes, 1968-98, OEMME Edizioni, Venezia.


神谷武夫

”Documents of Armenian Architecture"


BACK


 アルメニア建築に関する本はずいぶんと多い。その言語は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、アルメニア語と幅広いので、一人の学者が 主要な本すべてに目を通すのは不可能に近い。アルメニア人はユダヤ人と同じように離散の民(ディアスポラ)となり、世界各地に散っている。特にフランスとアメリカに多いと言われているが、意外なことに アメリカで出版されたアルメニア建築の本は、あまり多くない。さらに意外なことは、イタリアで重要な本が 多く出版されていることである。このサイトの、アルメニア建築の本を紹介するシリーズで、今回 第1回として採りあげるのも イタリアの本で、ミラノ工科大学建築学部 とアルメニア共和国科学アカデミーの、30年にわたる 共同調査研究の報告書(ドキュメント)シリーズである。

『アルメニア建築ドキュメント』第 13巻 ハガルツィン

  1968年に第1巻『ハフパト』が出てからちょうど 30年後の 1998年に最終巻の『ヴァガルシャパト』の刊行まで、全部で 23巻を出したので、1〜2年に1冊 ずつ出していたことになる。大判の正方形の判型で、カラー写真満載なので、ほとんど写真集のように見えるが、各巻にイタリア人とアルメニア人の研究者が概要を記し、論を展開する学術書である。最も目を見張らせるのは実測図で、大判の誌面いっぱいに(時には折りたたみで)大きな美しいインキング図面が掲載されている。といっても基本的には すべて一般図であって、詳細図は ほとんど無いが、それでも こうした正確な図面が たっぷり収録された建築書は、ほとんどが未知の建物であっただけに、たいへん貴重である。


 写真の撮影も おおむね優秀で、こちらは微に入り細を穿って、個々の建物を 実にていねいに紹介している。10巻目が出た時に、それまでの10冊を収納する 黒い布装の箱が、それまでの購読者にサービスとして配られた。私も1個を、当時の美術・建築書輸入店の東光堂書店を通じてプレゼントされた。20冊目の時には そうした箱は作られなかったようだ。最終巻の『ヴァガルシャパト』のみ、ごく柔らかい紙の函が付いている(柔らかすぎて、あまり実用的ではないが)。

『 アルメニア建築ドキュメント 』第1〜10巻と第23巻は 黒い函に入っている。

 テキストは イタリア語と英語とアルメニア語の3ヵ国語表記である。第17巻まではイタリア語が大きく 英語が小さく、同一ページに並べられていたが、第18巻からは逆転して、学術的な書物は英語が世界語になってしまったのに合わせて、英語の方が大きくなった。アルメニア語は、常に巻末に 単独で置かれている。執筆者は多岐にわたり、長年月だったので、総勢で30人に及ぶ(英語はもちろん、アルメニア語かイタリア語のどちらかは 翻訳である)。
 ヴィジュアルな建築調査報告書としては、理想的な出版物だと思う。アルメニア建築に深い興味を抱いた人は、このシリーズの本を1冊でも多く買い揃えることを お勧めする。    (2014/01/01)




ハフパト

●『アルメニア建築ドキュメント』 第1巻
  ハフパト HAGHBAT
  第3版 1974年 (初版は 1968年)
  27×27cm、63ページ(図面 11ページ分)


 アルメニア北部のハフパト修道院について、ステファン・ムナツァカニアンとアドリアーノ・アルパゴ・ノヴェッロによる概要と、写真、実測図。



 
ハチュカル

●『アルメニア建築ドキュメント』 第2巻
  ハチュカル  KHATCHKAR
  第3版 1977年 (初版は 1969年)
  27×27cm、75ページ


 アルメニア独自の十字架石(ハチュカル)について、レヴォン・アザリアンとアルメン・マヌキアンが、各地の実例写真に基づきながら解説する。図面なし。


 
サナヒン

●『アルメニア建築ドキュメント』 第3巻
  サナヒン SANAHIN
  第2版 1980年 (初版は 1970年)
  27×27cm、71ページ(図面 10ページ分)


 アルメニア北部のサナヒン修道院について、O.Kh.ガルパフチアンとアドリアーノ・アルパゴ・ノヴェッロによる概要と、写真、実測図。


 
聖タデウス

●『アルメニア建築ドキュメント』 第4巻
  聖タデウス・ヴァンク
 
S. THADEI VANK

  第2版 1974年 (初版は 1971年)
  27×27cm、71ページ(図面 9ページ分)


 イラン北西部(アゼルヴァイジャン地方)の聖タデウス修道院の遺跡について、ヴォルフラム・クライスとフシャン・セイフンによる概要と、写真、実測図。


 
アンベルド

●『アルメニア建築ドキュメント』 第5巻
  アンベルド AMBERD
  第2版 1978年 (初版は 1972年)
  27×27cm、55ページ(図面 7ページ分)


 アルメニア西部のアンベルド城塞と、カテドラルについて、ニコライ・M・トカルスキーとアドリアーノ・アルパゴ・ノヴェッロによる概要と、写真、実測図。


 
ゲガルド

●『アルメニア建築ドキュメント』 第6巻
  ゲガルド G(H)EGHARD
  第2版 1978年 (初版は 1972年)
  27×27cm、73ページ(図面 21ページ分)


 アルメニア中部のゲガルド修道院について、アレクサンドル・サヒニアンとアルメン・マヌキアンによる概要と、写真、実測図。


 
ゴシャ・ヴァンク

●『アルメニア建築ドキュメント』 第7巻
  ゴシャヴァンク  GOSHAVANK
  1974年 (第2版は 1982年)
  27×27cm、57ページ(図面 11ページ分)


 アルメニア北部のゴシャ修道院についてアルメン・ザリアンとヘルマン・ヴァフラミアンによる概要と、写真、実測図。


 
アフタマール

●『アルメニア建築ドキュメント』 第8巻
  アフタマール AGHT'AMAR
  1974年
  27×27cm、113ページ(図面 9ページ分)


 トルコ東部、ヴァン湖のアフタマール島に残る聖十字架聖堂遺跡について、ヘルマン・ヴァフラミアンと、シラルピ・デル・ネルセシアンによる概要と、年譜、写真、実測図。


 
アフタマール

●『アルメニア建築ドキュメント』 第9巻
  エレルーク EREROUK
  1977年
  27×27cm、71ページ(図面 9ページ分)


 アルメニア西部、アニペンザのイェレルーク・バシリカ遺跡について、パスカル・パブジアンとアドリアーノ・アルパゴ・ノヴェッロによる概要と、写真、実測図。


 
イェレルーク

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 10巻
  聖ステファノス S. STEPHANOS
  1980年
  27×27cm、71ページ(図面 9ページ分)


 イラン北西部(アゼルヴァイジャン地方)の聖ステファノス修道院遺跡について、ハトムート・ホッフリヒターとガブリエッラ・ウルホギアンによる概要と、写真、実測図。


 
ケチャリス

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 11巻
  ケチャリス KETCHARIST
  1982年
  27×27cm、59ページ(図面 7ページ分)


 アルメニア中部、ツァグカゾールのケチャリス修道院について、ムラド・ハスラティアンとアドリアーノ・アルパゴ・ノヴェッロによる概要と、写真、実測図。


 
アニ

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 12巻
  アニ ANI   1984年
  27×27cm、103ページ。


 アルメニアとの国境沿いのトルコ東部に残る、かつての首都アニの遺跡について、パオロ・クネーオ、アルメン・ザリアン、ガブリエッラ・ウルホギアン、N・チエリーとJ・M・チエリーによる概要と、写真。ソ連との国境地域での実測作業は困難(危険)だったのか、図面は あまりない。


 
ハガルツイン

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 13巻
  ハガルツィン HAGHARTZIN
  1984年
  27×27cm、59ページ(図面 7ページ分)


 アルメニア北部のハガルツィン修道院について、アルメン・ザリアンとアルメン・マヌキアンによる概要と、写真、実測図。


 
アマグ

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 14巻
  アマグ・ノラヴァンク
  AMAGHU NORAVANK
  1985年
  27×27cm、63ページ(図面 9ページ分)


 アルメニア南部の アマグ村の近くにあるノラ修道院について、アドリアーノ・アルパゴ・ノヴェッロとジュリオ・イェーニによる概要と、写真、実測図。頂部の鐘楼がまだ再建されていなかった。


 
カサヒ

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 15巻
  カサヒ・ヴァンク KASAKHI VANKER
  1986年
  27×27cm、75ページ(図面 15ページ分)


 アルメニア西部のホヴハナ修道院とサグモサ修道院について、アレクサンドル・L・ヤコブソン、カロ・ガファダリアンとジョヴァンニ・クラトーラによる概要と、写真、実測図。


 
アルッチ

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 16巻
  プトゥグニアルッチ
  PTGHNI / ARUDCH
  1986年
  27×27cm、75ページ(図面 11ページ分)


 アルメニア西部、プトゥグニの聖堂遺跡とアルッチの聖堂遺跡のほかに、ホール型の聖堂を集成している。フランチェスコ・ガンドルフォとアルメン・ザリアンによる概要と、写真、実測図。


 
ガンザサール

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 17巻
  ガンザサール GANDZASAR
  1987年
  27×27cm、67ページ(図面 4ページ分)


 ナゴルノ・カラバフのガンザサール修道院について、バグラト・ウルバビアンとムラード・ハスラティアンによる概要と、写真、実測図。


 
セヴァン

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 18巻
  セヴァン SEVAN   1987年
  27×27cm、87ページ(図面 8ページ分)


 アルメニア中部のセヴァン湖に面するセヴァン修道院について、ステパン・ムナツァカニアンによる概要と、写真、実測図。他にゲガルクニク県の小聖堂を集成する。


 
カラバフ

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 19巻
  カラバフ GHARABAGH   1988年
  27×27cm、109ページ


 ナゴルノ・カラバフの村と橋、そして聖堂を総覧する。セトラグ・マヌキアン、マリア・アデライーデ・ララ・コムネーノとパオロ・クネーオによる概要と、写真。図面は平面図のみ。


 
ソルフル

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 20巻
  ソルフル SORHUL   1989年
  27×27cm、111ページ(図面 5ページ分)


 イランの北西部(アゼルヴァイジャン地方)のソルフルに残るレンガ造の聖堂および、アゼルヴァイジャン地方の諸聖堂を総覧する。アドリアーノ・アルパゴ・ノヴェッロによる概要と、写真、実測図。


 
ニュージュルファ

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 21巻
  ノール・ジュルファ NOR DJULFA
  1992年
  27×27cm、123ページ(図面 17ページ分)


 イランのイスファハーンにあるニュー・ジュルファ地区(アルメニア人地区)に残る、イラン型のレンガ造の諸聖堂を総覧する。アルメン・ハフナザリアンとヴァハン・メフラビアンによる概要と、写真、実測図。


 
マカラヴァンク

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 22巻
  マカラヴァンク MAKARAVANK
  1994年
  27×27cm、63ページ(図面 9ページ分)


 アルメニア北部のマカラ修道院について、ヴァラザト・ハルチュニアンとフランチェスコ・ガンドルフォによる概要と、写真、実測図。


 
ヴァガルシャパト

●『アルメニア建築ドキュメント』 第 23巻
  ヴァガルシャパト VAGHARSHAPAT
  1998年 (最終巻)
  27×27cm、155ページ(図面 14ページ分)


 アルメニア中部のヴァガルシャパトの、エチミアジン大聖堂をはじめとする諸聖堂を総覧する。アルメン・ザリアン、アラ・ザリアンとアナヒデ・テル・ミナシアンによる概要と、写真、実測図。最もページ数の多い巻。

   函    函

      『アルメニア建築ドキュメント』第 23巻「ヴァガルシャパト」 の函。
     シリーズの最終巻を記念してか、この巻にのみ ソフトな紙の函が付いている。





< 本の仕様 >

”アルメニア建築ドキュメント DOCUMENTI DI ARCHITETTURA ARMENA"
ミラノ工科大学建築学部 + アルメニア科学アカデミーの編著、
全23巻、1968〜1998年、ヴェネツィア、OEMME社。
特殊正方形サイズ、27cm x 27cm x 0.5〜1cm、各 50〜150ページ。
ソフト・カヴァー、折り返し表紙、各巻 豊富にカラー写真と実測図を載せる。


『 アルメニア建築ドキュメント 』第1〜10巻と 布装の函。



BACK

© TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp