第4章
南インドのジャイナ建築
JAINA ARCHITECTURE in SOUTHERN INDIA

神谷武夫

シュラヴァナベルゴラ


BACK     NEXT


ジャイナ教の分裂

 ジャイナ教の開祖はマハーヴィーラであるが、仏教における「過去仏」と同じように、それ以前に 23人もの<ティールタンカラ>(ジナ、祖師)がいて、マハーヴィーラは第 24代の、そして最後のティールタンカラであるとされている。
 初代のアーディナータから第 22代までは全くの伝説上の存在であるが、第 23代のパールシュヴァナータは歴史上実在したことが確認されている。それはマハーヴィーラよりも 250年ほども前のことと推定されているから、ジャイナ教の歴史は仏教よりもずいぶんと古いことになる。
 ではなぜマハーヴィーラが開祖とされるかというと、彼はパールシュヴァナータの教えを改革し、宗教として完成させたからである。王族であるマハーヴィーラの両親はパールシュヴァナータの崇拝者であったというから、すでに「パールシュヴァ教」というべき宗教が存在したのであろう。

 マハーヴィーラは 30歳で出家すると、すべての財産を棄て、身につけていた一切の衣類も貧者に施し、裸形となって托鉢の修行を始めた。そのことは、中世のイタリアにおける托鉢修道会の祖、アッシジの聖フランチェスコがすべての財産を棄て、裸形になって修行を始めた場面を思い出させる(彼の生涯を描いた映画『ブラザー・サン、シスター・ムーン』では、その場面にボカシがはいっていたものだ)。
 フランチェスコの死後、アッシジの町には、彼の清貧の思想とはうらはらに華麗な修道院が建設されたが、ジャイナ教の寺院建立熱というのも それと似たことであったかもしれない。

チャンドラギリ丘の寺院群遠望

 マハーヴィーラの死後数百年たって、ジャイナ教誕生の地である北インドのビハール地方は 12年間に及ぶ大飢饉に襲われたと伝える。生存をおびやかされたジャイナ教徒たちは 聖賢バドラバーフに率いられて、現在の南インドのカルナータカ州に落ちのびた。マウリヤ朝の祖チャンドラグプタは、バドラバーフを師と仰ぐジャイナ教徒であったのでこれに従い、最後はシュラヴァナベルゴラで断食による大往生をとげたという。(チャンドラギリ丘の名は、チャンドラグプタに由来するという。)
 これらは伝説であるので、どこまでが真実であるかは定かでないが、それでも西暦紀元ごろに南インドにジャイナ教が到来していたのは確かなようである。そしてまた、この頃までにジャイナ教は<ディガンバラ>(空衣派、くうえは)と<シュウェターンバラ>(白衣派、びゃくえは)とに分裂していたらしい。

 伝説によれば、バドラバーフが北インドに戻った時、北インドにとどまっていたジャイナたちは白衣を着するようになっていて堕落の兆候を見せていたために、これと袂を分かち、裸行の厳格派たる空衣派を南インドに確立したのだという。フランチェスコの行為が「キリストにならいて」であったとすれば、バドラバーフのそれは「マハーヴィーラにならいて」であったろう。
 しかしそこには北インドと南インドの気候の差も反映していたかもしれない。北インドの冬は裸で生活するためには いささか寒い。そして空衣派と白衣派との間に、教義上の差は ほとんどないからである。

    
チャンドラギリのマ-ナ・スタンバと、ヴィンディヤギリのゴマテ-シュワラ像


シュラヴァナベルゴラ

 南インドのジャイナ教の中心地となったのは、バンガロールの西方にあるシュラヴァナベルゴラであった。ここには町と矩形の貯水池(タンク)をはさんで、チャンドラギリとヴィンディヤギリというふたつの奇怪な岩山が向かい合う、シュールレアリスティックな地である。ヴィンディヤギリの頂上には、その場所に立っていた岩を彫刻したゴマテーシュワラ像が、17メートルの高さに聳えている(*1)
 ゴマテーシュワラは バーフバリともいい、初代ティールタンカラ、アーディナータの息子であるという。彼は直立不動の姿勢で何年間も修行を続けたために その脚には蔦がからみ、足元にはアリ塚ができたという伝説を、この一千年前の彫刻は描いている。
 この像のまわりにも寺院群があるが、建築的に重要なのはチャンドラギリの丘の方である。 ここにはきわめて優美なマーナ・スタンバがシンボリックに立ち、12の寺院群を従えている。一番大きいのはカッタレ寺院(バスティ)(*2) であるが、「南方型」の寺院様式を最もよく伝えてくれるのはチャームンダラーヤ寺院(バスティ)である。

チャ-ムンダラ-ヤ寺院の立面図と平面図

 前回紹介した「北方型」のカジュラーホの寺院では、聖室の真上の<シカラ>が上へ上へと高く伸び上がって、垂直線を強調していたのに対し、ここではむしろ水平線が強調されている。複雑な刳形や装飾が並ぶ水平の層を階段状に積み重ねることによって寺院本体を形成しているので、全体の形はむしろずんぐりして見える。 そうしたことが反映してか、南インドでは<シカラ>という言葉は聖堂の上部構造全体をさすのでなく、その頂部の冠状の屋根部分のみを<シカラ>と呼ぶのである。

 こうした南方型の石造寺院は、主として現在のタミルナードゥ州で発展した。この地の言語のタミル語が日本語のルーツではないかというのは、言語学者の大野晋氏の説である。また人種的にも北インドのアーリア系とはまるで異なるドラーヴィダ系の人種なので、これら南方型の寺院をも「ドラーヴィダ様式」と呼んだりする(*3)
 時代が下ると南方型の寺院は<ヴィマーナ>(本堂)が小さいままに残され、それと引きかえに、周囲の<ゴプラ>(寺門)ばかりがどんどん巨大化して、南インド独特の眺めを形づくっていく。しかしそれはほとんどヒンドゥ寺院において行われたのであって、ジャイナ寺院はあまりそれに関わらなかった。

チャンドラナータ寺院、ムーダビドリ


ムーダビドリの西海岸様式

 シュラヴァナベルゴラに並ぶ南インドのジャイナ教の聖地は、西海岸寄りのムーダビドリである。この小さな町には 18ものジャイナ寺院があり、ある通りにはまるで日本の「寺町」のように、両側にずらりとジャイナ寺院が並び、そのいずれもが前面にマーナ・スタンバを立てている。同じ南インドでありながら、西海岸では寺院のスタイルはタミルナードゥ州とはまるで異なっていることに驚く。
 ムーダビドリで最大のチャンドラナータ寺院(バサディ)に典型的に見られるように、寺院の 下部は石造 であっても、上部は完全な木造で、しかも切妻の勾配屋根が架けられているのである。この町はカルナータカ州に属しているものの、この「西海岸様式」はむしろ南のケーララ州と連続している。

 ケーララ州とタミルナードゥ州の間には西ガーツ山脈があるために、この細長い海岸沿いの土地は年間を通じて降雨量が多く、豊かな緑に恵まれている。そのために乾燥したタミルナードゥ州とはまるで異なった文化を育んできた。
 そうした気候風土が、木造の切妻屋根という「西海岸様式」を生んだのであった。ケーララ州の寺院はほどんどがヒンドゥ教に属し、カルナータカ州のジャイナ寺院とは若干の違いを見せるものの、その切妻部の装飾的な扱いや、軒を支える方杖彫刻など、よく似ている。そしてこれは、遠く隔たったネパールの木造寺院とそっくりではないかと奇異な感にうたれる。

チャンドラナータ寺院の破風

 かつて、インド建築史を初めて体系化した J・ファーガソンは、南インドとネパールの木造寺院の間には何らかの影響関係があるにちがいないと推測した。しかしその後のベルニエなどの研究では、どうやら土地の気候や風土が似たような建築様式を生んだのであって、両者の間の明らかな影響関係というのは認められなかった。ネパールの寺院は原則的に方形あるいは寄棟屋根であって、装飾的な切妻屋根はほとんど無い、ということがそれをよく示していよう。

 けれどもムーダビドリには今ひとつ不思議な建物群がある。それは、まるでネパールの多層塔のような形を、木ではなくラテライト(*4) で作ったもので、これはジャイナ教の聖人たちの墓なのだという。 そもそもインドではヒンドゥ教でもジャイナ教でも、生あるものは必ず生まれ変わるという「輪廻」の思想をもっているので、墓を建てるという習慣はなかった。 それがこの地のジャイナ教に限って墓を建て、しかもネパールの塔やバリ島の<メール>のような形をしているというのは、解けない謎である(*5)

ジャイナ教の聖人の墓園、ムーダビドリ


ジャイナ教の空衣派

 南インドの <ディガンバラ>(空衣派)は厳格派とも呼ばれ、マハーヴィーラの教えをより忠実に守るべきことを唱えた。ところがその公言とはうらはらに、実際はむしろ僧侶たちがより世俗的な生活をしたものであるらしい。その原因は、南インドではジャイナ寺院のそばには僧院を作って、定住生活を送るようになったことにある。
 本来ジャイナ教では、出家僧は1年のうちの雨季の4カ月間は一カ所にとどまれるが(安居期、あんごき)、乾季の間は町から村へ、また森の中へと托鉢しながら遊行するものとされた。一所定住をすれば必ず世俗化してしまい、財を作り、物に執着するようになって、「無所有・無執着」の理念から離れてしまうからである。 そのことは日本の仏教がよく示している。本来「出家」であるはずの僧侶が家に定住し、家族を作り、財をなして、僧職を家業としてしまう。

 ムーダビドリの僧院(マタ)で会ったジャイナ僧も、妻帯こそしていないが、橙色の衣をまとい、ずいぶん世俗化しているように見受けた。本当の空衣派の僧に私が出会ったのは、北インドのデオガルである。ちょうどその日、デオガルの古寺では高徳の僧(グル)が弟子と共にやって来て講話をするというので、近在のジャイナ教徒が大勢詰めかけていた。その尊師は既に世俗の執着をほとんど捨て去っているので、孔雀の羽で作ったハケを一本持つ以外に何も身につけない(*6)、まさに空衣なのであった。そのかみのバドラバーフのように、そしてアッシジの聖フランチェスコのように。

空衣派のグルとその弟子たち、デオガル


  1. こうした巨大なゴマテーシュワラ像は南インドにのみ見られ、シュラヴァナベルゴラの他に、カールカル、ヴェヌール などにある。

  2. 南インドではジャイナ寺院を<バスティ>、あるいは<バサディ>と呼ぶ。 サンスクリット語の<ヴァサティー>に由来する。

  3. 南方型の「ドラーヴィダ様式」に対応する北方型の呼び名は 「ナーガラ様式」 である。

  4. ラテライトは<紅土>ともいい、紅色の土壌であるが、硬いので石のように用いられる。 気泡が多く、大谷石と似ている。

  5. ひとつの仮説としては、これらが一般的な墓ではなく、この地で 「断食死」 をとげた聖人たちの記念碑ではないかと考えられる。

  6. 口にマスクをするのは白衣派の習慣であって、空衣派はそうしないということを、この時はじめて教えられた。


BACK     NEXT
マハーヴィーラ
TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp