GALLERY of WORLD ARCHITECTURE
パハールプル(バングラデシュ)
ソーマプラ大僧院 (マハー・ヴィハーラ)
神谷武夫
ソーマプラ
バングラデシュ人民共和国、ナオガオン県、首都ダッカの北西約200km
1985年 ユネスコ世界遺産の文化遺産に登録

BACK     NEXT

 仏教は13世紀にインドから姿を消すが、最後まで残るのがベンガル地方、現在の西ベンガル州とバングラデシュであった。最大の寺院といわれたヴィクラマシラー僧院は破壊されてしまい、遺跡としてよく保存されているのは、ダルマパーラ王によって建立されたパハールプルの僧院である。ここでは一辺が300mもの境内を177の僧室が囲み、中央にはストゥーパを兼ねた大寺院が建っていた。それは四方に開かれて、それぞれに仏像を祀る「四面堂」の形式であったが、上部構造は崩壊してしまったのでオリジナルの形はわからない。
 寺院も僧室もその他の諸堂も すべてがレンガ造であり、その表面はテラコッタ・パネルで飾られていた。良い石材が得られないためにレンガで建て、それを荘厳するべく、ペルシャのイスラム建築が彩釉タイルを発展させたように、ベンガルでは、粘土が乾かないうちに素早く彫刻をして焼いたテラコッタを用いたのである。後にこれはベンガルのイスラム建築、そして近世のヒンドゥ寺院に受け継がれることになる。



ヒマラヤ以南 最大の僧院

 朝早くパハールプルの遺跡を訪れると、朝もやにつつまれた中央の大祠堂がしだいにそのピラミッド形のシルエットを、のどかな田園風景の上に広がる青空に浮きあがらせてくる。早暁の日差しが広大な矩形(くけい)の僧院を照らしだすと、中庭の中央に 1,000年以上の昔からそびえ立つ大祠堂がくっきりと姿を現す。ソーマプラ・マハーヴィハーラは、ヒマラヤの南側で最大の規模を誇るとともに、ベンガル地方で最も重要な文化的中心でもあった。

パハ-ルプルの ソ-マプラ大僧院(バングラデシュ)8-9世紀 発掘平面図
(From Nazimunddin Ahmed: Discover the Monuments of Bangladesh, 1984, Dhaka)

ソ-マプラ大僧院の、四面堂形式としての図式的プラン

 多くの巡礼者を引き寄せたこの僧院では 最近、9世紀のブロンズのブッダ像が発掘された。地中に埋もれていた大祠堂の外壁に設けられた壁龕(へきがん)群には、今でも 60体以上の石造彫刻が残っている。

 現在バングラデシュとインドの西ベンガル州とに分かれているベンガル地方は、歴史や文化のうえでは一体の地域である。古代では辺境の地であって、中央のマウリヤ朝やグプタ朝の属領であった。独立した王国を建てるのは 8世紀のパーラ朝で、12世紀までこの地を支配した。なかでも第 2代のダルマパーラ王(在位 770〜810頃)はビハール地方まで勢力をのばして、東インド全体を統治した。そればかりでなく彼は、そのほとんどが消滅したとはいえ、多くの寺院や僧院を建立して、仏教の保護に努めた。それを代表するのが、このパハールプルの僧院と、現在のインド側で廃墟となっている ヴィクラマシラー僧院である。

ソーマプラ大僧院の中央祠堂


パーラ朝美術の精髄

 僧院はヴィハーラ(文字どおりの意味は「時を過ごす場所」)とよばれるが、出土した碑文から、ここはソーマプラ・マハーヴィハーラ(大僧院)と名づけられていたことがわかった。発掘作業は 1923年に始まり、1938年に詳細な報告書が出版された(A.S.I. Report, No.55 Excavation at Paharpur )。全体は 300メートル四方のほぼ正方形をなし、その面積は 9ヘクタールにもなる。外周壁にそってぐるりと 177の僧室が並び、広大な中庭を取り囲んでいる。その中央には十字形プランの大祠堂があり、これは単に僧院に付属するものというよりは、独立した大寺院に近いものである。

ソーマプラ大僧院の境内

 大祠堂は 3層からなり、中央塔の四方に大きな仏像を背中合わせの外向きに安置していたとみられる「四面堂」の形式をとっている。しかし最上層は崩壊し、2層めも表面が失われてしまったので、当時の大祠堂がどんな造形をしていたのかは、今はうかがい知るすべがない。境内の他の建物と同じく、すべてはレンガ造であるが、大祠堂は彫刻をほどこした素焼きのテラコッタ・パネルの列で飾られていた。今も大祠堂の基壇には、往時のままに 2,000枚ものテラコッタ・パネルが並ぶみごとな壁面を見ることができる。また上部を飾っていたテラコッタ・パネルが 800枚出土し、これは現地の博物館に収められている。これらは粘土板が生乾きのうちに、素早く彫刻をして焼いたもので、一筆書きのような素朴な味わいの残る、パーラ朝美術の粋である。その図柄にヒンドゥの神々が混じっているのは、仏教がタントリズム期にあったことを示している。

  
ソーマプラ大僧院のテラコッタ・パネル


東南アジアへの伝播

 パハールプルの僧院は厚いレンガ壁で囲まれた正方形のプランをなし、各面の中央に出入り口の門が設けられていた。特に北門が大きく、これが正門であった。境内には周囲を取り巻く 177の僧室のほかに、多くの小祠堂や食堂、厨房などが広大な中庭に散在していた。四面堂の形をとる中央の大祠堂は、巨大な仏龕が四方の門に相対していて、繞道(にょうどう、礼拝対象のまわりを右回りにめぐる道筋)を兼ねる二重の基壇の上に建っていた。この大祠堂はストゥーパの発展形とみることもできる。西方のガンダーラ地方ではストゥーパとヴィハーラが別々に建ち、ひと組で寺院をなしていたものが、ここでは僧室群が大祠堂を矩形に囲むという形で一体化したのである。

 その結果として、こうした幾何学的で四方に広がりをもつマンダラ的なプランの大伽藍が構成され、この形式がここから東南アジアへと広まっていった。ミャンマーのパガンにある諸寺院をはじめとして、カンボジアのアンコール・ワットや、さらには遠くインドネシアのボロブドゥールに至るまで、パハールプルの影響を受けながらいっそう大規模化したのである。(その形式の起源がジャイナ教の寺院にあることは、「ジャイナ教の建築」の第6章「ラーナクプルのアーディナータ寺院」に書いた。)

ソーマプラ大僧院のレンガ積み


仏教の衰退

 パーラ朝の王のこうした造寺活動によって、インド亜大陸で消滅する運命にあった仏教は、その最終段階で新たな隆盛をみることとなった。大祠堂を飾るテラコッタ・パネルは農民や音楽家、踊り手などとともに、動物や植物、魔物たちの姿をも描き、生き生きとした民衆文化を表現している。一方、ここにはヒンドゥ教の神々や『ラーマーヤナ』、『マハーバーラタ』の説話なども描かれていて、ここが大乗仏教の基地でありながら、仏教がしだいにヒンドゥ教の影響を受けて密教化していったことをも示している。

 パーラ朝はその後衰退して 12世紀半ばには滅びてしまい、仏教もまたインドから姿を消すことになる。ヒンドゥ王朝のセーナ朝がとって代わった後も、このモニュメンタルな建造物は 17世紀までたえず巡礼者を集めていたが、僧院の保存に心をくだく者はなく、略奪にまかされた後は全く荒廃してしまったのである。

 このベンガル地方の東半分が、後にイスラム国(バングラデシュ)になったのは、ヒンドゥとのヘゲモニー闘争に敗れた仏教徒が、イスラームに改宗したためらしい。というのも、仏教徒がヒンドゥ教に吸収された場合、最下級のカーストにされてしまったろうから、それを避けるためにイスラームの平等主義を選んだからである。

(『ユネスコ世界遺産』インド亜大陸 1997 講談社)


BACK     NEXT

© TAKEO KAMIYA 禁無断転載
メールはこちらへ kamiya@t.email.ne.jp