日本建築学会 機関誌 『 建築雑誌 』 1995年7月号
特集 「 建築家・そのあるべき姿とありうる姿」の扉と、
「 あいまいな日本の建築家、アーキテクトの訳語をめぐって」
16〜17ページ  神谷武夫


EQUIVOCAL ARCHITECTS IN JAPAN

『 建築雑誌 』

1995年7月号 特集「建築家・そのあるべき姿とありうる姿 」
あいまいな日本の建築家、アーキテクトの訳語をめぐって

神谷武夫

ヨーロッパで形成された アーキテクチュアという抽象的概念と、それを体現する アーキテクトというプロフェッションは、明治以降、我が国にも移植されてきた。ところが日本には そうした伝統がなかったために、それらの概念は正しく理解されず、本来の理念とは異なった、あいまいな形に定着されてしまった。そのプロセスと現状を、主としてアーキテクトの訳語の変遷を通して検証し、その打開を提言する。 これで、 プロフェッション、アーキテクチュア、アーキテクトの「 翻訳論3部作 」が 揃うことになりました。

この記事は、『 神谷武夫とインドの建築 』のサイトにおける「 原術へ 」のディヴィジョンに、「あいまいな日本の建築家」(アーキテクトの訳語をめぐって )として 掲載していますので、ここをクリック して ご覧ください。