セルジューク朝の墓廟群のうち、一番大きい ウル・キュンベット、1273年、アフラト