彩釉タイルで飾られた華やかなイスファハーンの町でさえ、
ひと昔前には、市の中心部から少し外に出ると、このような無彩色の土の町が
延々と続いていたものである (1980年4月 撮影)。