ベツレヘムの降誕聖堂、十字軍の時代に改修された主身廊
バシリカ式聖堂の屋根は 木造を原則としていた。
この屋根が燃え落ちれば、両側の壁は 自立できずに倒壊する。