ラッカの市壁と門の遺跡、アッバース朝時代、8-10世紀
左がバグダード門の背面、右が修復工事中の市壁の一部。