大モスク(金曜モスク)715年、アレッポ
左のふたつの小建物は いずれも、浄めの泉。 今では 周囲に水道がきていて、ここに座って顔や手足を洗う。
長大な礼拝室の壁には、色石の寄木細工はあるが、ダマスクスのような 金地のモザイクはない。


長い戦乱、爆撃によって廃墟のようになったアレッポの街の中で、大モスクは 何とか生き延びてくれたよう。
(朝日新聞ディジタル、2017年1月12日の動画記事「多数の銃撃跡、崩れたビル…記者が歩いた激戦地アレッポ」より転載)