ムーレイ・イスマーイール廟、墓室の前の中央ホール、メクネス、18世紀初頭
中央に白大理石の噴水の水盤があり、床は幾何学紋様のタイル・モザイク、白大理石の円柱が12本とその柱頭彫刻、周囲の腰壁も幾何学のタイル・モザイク、正面は木製ドアに幾何学紋様の彫刻と彩色、その上にスタッコの格子が入ったアーチ窓、中央トップライトの下は大々的な白スタッコの壁面に繊細きわまりない幾何学パターンの彫刻、全部 白だが、上の方だけ ごく淡い彩色。天井からは、要所に 金属工芸のシャンデリアが吊られている。全体に渋く、けばけばしいところの全くない、天上世界のような 素晴らしいデザインである。