丸木位里・俊 『原爆の図』 田園書房版 画集、66-67ページ 
左は 第一部「幽霊」の部分詳細、右は 第八部「救出」四曲一双の最左二曲、
「原爆の図丸木美術館」蔵、担架の先棒を担いでいるのが 丸木位里 自身だという

「幽霊」
それは幽霊の行列 一瞬にして着物は燃え落ち
手や顔や胸は ふくれ 紫色の水ぶくれは やがて破れて
皮膚は ぼろのように たれさがった
手を半ば上げて それは幽霊の行列
力つきて人々は倒れ重なり
重なり合って 死んでいったのでありました