ジェイムズ・ファーガスンの 『図説・建築ハンドブック』初版、
上巻 25ぺージの 見事な小口木版の図版。
インド、カールリーの石窟寺院。この版画には原画があった。
『インドの石窟寺院画集』の中のA3判の大判石版画(リ トグラフ)が それで、
ソールトという人のスケッチをもとに T・C・ディブディンが制作した ものである。
それを彫り師が、11cm x 18cmの木版画に再制作した(ただし一番奥の
ストゥーパ上に十字架があるように見えるのは、傘蓋(さんがい)の写し間違い。)