最初のゴチック様式の、サン・ドニ修道院付属聖堂の内部。1140-44年
今では サン・ドニは パリの北郊外になり、この聖堂はカテドラルになっている。
パリのノトル・ダームより規模が小さいだけ、交差ヴォールトの石造天井の様子が よくわかる。
こうして大聖堂は、すっかり石でくるまれて 不燃化した。