1842年に クサントスから大英博物館に運ばれた パーヤヴァ石棺
ヴィオレ・ル・デュクによる絵(『建築講話』の「アトラス」に収録)
The Sarcophagus of Payava from Xanthos
(From the "Entretiens sur l'Architecture, Atlas" by Viollet-le-Duc, 1863)


クサントスにあった当時の パーヤヴァ石棺
チャールズ・フェローズの第2次旅行に同行した若い画家の
ジョージ・シャーフ (George Scharf) の絵によるリトグラフ
The Sarcophagus of Payava at Xanthos
(From "The Nereid Monument and Later Lycian Sculptures
in the British Museum, 1900, London)