議会棟(パーラメント)の鳥瞰写真
設計開始が1952年で、1964年の竣工というから、12年もかかったことになる。
この写真は今から40年前の撮影、まだコンクリートが白っぽかった。
大庇まで含めた全体の大きさは、約100メートル角。
The Parliament Building (Palais dl'Assemblée)
1958, designed by Le Corbusier, Capitol Complex of Chandigarh


議会棟(パーラメント)の断面図
Cross section of the Palais d'Assemblée (Le Parlement)
(From "Le Corbusier, Oeuvre Complète 1952-57", Zurich)


マシュー・ノヴィッキが生前に構想していた議会棟(パーラメント)のスケッチ
古代のストゥーパの意匠を取り入れようというメイヤーの意見に対して、
ノヴィッキは 現代的なパラボラ・ドームを提案した。
Cross section of the Palais d'Assemblée (Le Parlement)
(From "Architecture & Independence" 1997, OUP, Culcutta)